ホーム >

私が逆流性食道炎を治すためにやったこと

このホームページについてでもご紹介させていただきましたが、このホームページは私自身が逆流性食道炎を治すためにやってきたことやそのために勉強したことを患者という立場でまとめたものになります。

私が逆流性食道炎と診断されたのは、40歳になった頃のことでした。

それまで病気になったことは少なく、自分は健康なんだと思っていました。また、健康診断でも何かにひっかかったりすることが30代の頃はなかったので、尚更、自分は大丈夫だと思っていたんです。

ところが、40歳を過ぎた頃に胃の不調が長く続いたため、医師に診てもらったところ(胃カメラの検査を受けたところ)逆流性食道炎と診断されました。

それまで時折すっぱいものが上がってくるような感覚があったり、または喉の不調などもあったのですが、その理由がその時やっとわかりました。

薬を服用し続けてもなかなか治らなかった

逆流性食道炎と診断されてからは薬をいただいて、定期的に病院に通うことを続けていました。

ところが、症状は少し軽くなるのですが、なかなか治らない・・・そんな日々が続いて、自分としてはもう嫌になってきたというか・・・半分諦めそうになっていました・・

そんな時、日本の名医50人にも選ばれた福辻先生という方が書かれた「逆流性食道炎改善プログラム」という教材に出会いました。

そして、藁にもすがる思いでその教材を購入して、そこに書かれてあることを実践しました。

本を読んだり、通っていた病院の先生の話を聞いたり、薬も欠かさず飲んでも、それでもなかなか治らなかったので・・・半分はダメもとでいいやと、とにかく何でも少しでも可能性があればやってみたいと、そう思いました。

その時の教材が下記になります:
逆流性食道炎改善プログラム

私が一番励まされたのは、この逆流性食道炎改善プログラムのページに書かれたこのプログラムを実践された方々の感想の数々でした。

何より、自分と同じように苦しんでいる方がこんなにいるんだということを知ったこと、そして、みなさん苦しみながらも治すために一生懸命になっていること、また、それによって実際に逆流性食道炎を治した方がいらっしゃることが、とにかく私には大きな大きな励みになりました。

だから、この逆流性食道炎改善プログラムを実践している時も、諦めそうになるとこの逆流性食道炎改善プログラムのページに書かれた感想の数々を読むようにしていました。

すると、とても励まされるのです・・

そうやって、私は諦めることなく、逆流性食道炎改善プログラムに書かれてあることを自分にできることから、実践してゆきました。

途中諦めそうになっては、あの感想のページを読んで・・・また頑張ろうと思って、実践を続けて・・・

そんなことを繰り返してゆく日々が続きました。

すると、少しづつ以前苦しんでいた症状は改善されてゆきました。

そしてついに、医師からは薬はもう飲まなくて大丈夫でしょうと言っていただきました。あれほど苦しめられた症状が不思議なことに今は一切ありません・・

治らなくて途方に暮れていた日々がやっと終わったことに、嬉しいというよりも、ほっとしたというのが素直な感想です。

逆流性食道炎という病気になったことは、自分にとってはとても苦しい経験になりました・・・ただ、あの時、逆流性食道炎になったことはむしろよかったのかなと・・・思える自分がいます。

この病気になってはじめて、自分が食べるものについてもちゃんと考えるようになりました。

生活習慣であったり、食習慣はそうでなければ、見直したりしなかったと思いますし、あのままの生活を続けていたら結果的にはもっと重い病気になっていたかも知れません・・

健康で暮らせることはありがたいことだった・・・そんな当たり前だと言われてしまうようなこともこの病気になってはじめて、本当の意味でわかりました。

それは本当によかったのかなと、思っています。

「逆流性食道炎改善プログラム」にはこのホームページで書かせていただいたことは勿論、さらに詳しい情報や治し方について書かれてありますので、もし、逆流性食道炎に悩まされている方がいらっしゃいましたら、一度読んでみる価値はあると思います。

少なくとも私はこの逆流性食道炎改善プログラムとそれを実践された方々の感想に救われました。

ただ、一つ注意点していただきたいのが、この逆流性食道炎改善プログラムがあるからといって医師の診察を受けなくてもよいということではないと思いますので。

代わりのない大事なお体ですから、もし逆流性食道炎の症状がある場合はどうぞ一度医師に診てもらってください。

ただ、私自身がそうでしたが、この逆流性食道炎改善プログラムは医師の指示通りに薬を飲みながら、治療を続けながら、できることが殆どです。

冒頭でも書かせていただきましたが、私は医師から処方してもらった薬を飲みながら、なかなか思うように治らないと悩んでいた時にこの教材に出会いました。

そこでダメ元だと思って、思い切ってこの教材に書かれてあることを自分にできることから実践してゆきました。

今は、本当にあの時、思い切って自分を変えようと思ってよかったと、そう思っています。

逆流性食道炎改善プログラム