ホーム > メニュー一覧 >

逆流性食道炎は薬で治るか?漢方薬についても

これは繰り返しお伝えしているのですが、このホームページは管理人の私が逆流性食道炎になり、そして、この病気を克服するまでにしたことや勉強してきたこと・・・について書かせていただいております。(筆者について

本来であれば、こういった病気に関することは医師か専門家の方が書くのが一番かと思いますし、そういった方々の情報はやはり信頼できるものだと思います。

ただ、私自身が逆流性食道炎で、一生懸命頑張って治そうとしてもなかなか治らなくて落ち込んでいた時に、一番励みになったのは、同じ立場で逆流性食道炎と向き合っている人やこの病気を克服した人達の言葉でした・・

これについては私が逆流性食道炎を治すためにやったことでよく詳しくご紹介しておりますのでよろしかったら、そちらをご覧ください。

さて・・・前置きが長くなりましたが、逆流性食道炎と薬、それから漢方薬のことについても少し書いてみたいと思います。

薬の効果について

逆流性食道炎の薬は主に胃酸の分泌を抑える効果のあるタイプの薬になります。また、胃の粘膜を保護する薬が処方されることもあります。

(ヒスタミンH2受容体拮抗薬、プロトンポンプ阻害薬、制酸薬などが逆流性食道炎の治療に使われる薬として知られています。)

私自身も胃酸の分泌を抑える薬を処方していただいて、それをずっと飲み続けていました。

薬を飲み始めると、症状は少しづつ改善されてゆくことが多いですが、食道の炎症などがすぐに治るとは限りませんので、症状がなくなったからといって薬の服用を自己判断でやめるのは避けなければなりません。

薬がどの位で効いてくるか・・・ということですが、日本消化器学会によると、例えば、逆流性食道炎でよく使われる薬、プロトンポンプ阻害薬だと8週間程度で殆ど患者さんは症状が改善され、食道炎も治癒するそうです。

ただし、重症の症状がある患者さんの場合は薬を中断すると食道炎も再発することがあり、そのため、薬を長期間にわたって続ける必要があるそうです。

ただ、これは私が思ったことなのですが、薬で胃酸の分泌を抑えることはできて、症状はそれによって軽くなることもあるのですが、それは壊れて水が漏れている蛇口に無理矢理栓をしているようなもので・・・

蛇口は壊れているわけですから、その栓をとってしまえば、また水が漏れてきてしまうわけです・・

この記事のタイトルの逆流性食道炎は薬で治るか?・・・ということですが、薬によって逆流性食道炎の症状は改善され、食道炎も治癒してゆきます。

ただ、本当の意味で完治させるには、そもそも、蛇口から水が漏れてしまうこと、つまり、1)胃酸が分泌し過ぎてしまうことを自分で治してゆく必要があるのだと思います。

また、その過剰に分泌された胃酸が食道に逆流してしまうのは、食道と胃をつなぐ下部食道括約筋が緩んでしまうことが直接の原因になりますので、2)下部食道括約筋が緩まないようにする、ということが必要になってくると思います。

この2つを実践してゆくことで蛇口から水が漏れなくなってゆきます・・・すると、もうその蛇口に栓をする必要もなくなる(薬もいらなくなる)と私はそう思いました。

私はこのままずっと薬を飲み続けるのは絶対に嫌だなと思いましたので、自分のこれまでの食習慣や生活習慣というものを一度全部見直してみようと、思ったんです。

そのためにやったことは逆流性食道炎を治すためにできる6つのこと逆流性食道炎を治すために避けるべき食品、飲み物逆流性食道炎を治すための食べ方のたった2つのコツなどでご紹介しておりますのでよかったらそちらも参考になさってください。

漢方薬について

私自身は漢方薬は使いませんでしたが、逆流性食道炎には漢方も効果的だと指摘される専門家の方もいらっしゃいます。

先程、生活習慣や食習慣を変えていったというお話をさせていただきましたが、やはりそういった生活習慣を変えたり、食習慣を変えることによって効果が出るまでには時間がかかります・・

食べ物を変えた翌日に胃酸が過剰に出ることがなくなる・・・ということはなくて、やはり、少しづつ改善されてゆくようです。少なくとも私の場合はそうでした。

そうやって自分の生活習慣を変えてゆくのは結構大変だったりします・・

その効果が目に見えてわかればモチベーションも出てくると思うのですが、効果は最初のうちはそれほど感じません・・・それを継続していってはじめて、少しづつ違いを実感してゆけるといいましょうか・・

食事を変えたから、すぐに劇的に痩せた・・・なんてことがないように、生活習慣を変えてすぐに劇的に逆流性食道炎が改善されるということもなくて。

ただ、胃酸が過剰に分泌されるような食習慣や、下部食道括約筋が緩んでしまうような生活習慣、食習慣を変えて、それを継続してゆくことで必ず改善されてゆきます。

これは私自身がそうでした。

ただそれまでには時間がかかるので・・・その間はしっかりと薬を服用することも大切ですし、場合によっては漢方薬に頼るということも一つの方法なのかなと、思います。

逆流性食道炎に効く漢方薬については私が逆流性食道炎を治すためにやったことでご紹介させていただいた福辻先生という方が書かれた「逆流性食道炎改善プログラム」で多く紹介されていますので、よろしければそちらも参考になさってください。

私が逆流性食道炎を治すためにやったこと
私はこの方法で逆流性食道炎を治しました。内容についてもご紹介していますので、よかったらご覧になってみてください。