ホーム > メニュー一覧 >

逆流性食道炎を治すためにできる6つのこと

逆流性食道炎の5つの原因とは?では逆流性食道炎の原因について見てきました。

今回はその続き、逆流性食道炎を治すためにできることについて見てゆきたいと思います。

1.食べるもの、飲むものを変える

逆流性食道炎を治すためにできることの一つ目が食べるもの、飲むものを変えてゆく・・・ということになります。

ここで書かせていただくことは、私自身、逆流性食道炎を治すために実践したことになりますが、食べ物や飲み物というのはとても大事なポイントになります。

というのも、食べ物によって、もしくは、飲み物によっては、胃酸が逆流しやすくなるから、です。

胃酸が逆流してしまう主な原因は、1)胃酸が分泌し過ぎてしまうこと、2)食道と胃をつなぐ弁のような役割を果たしている下部食道括約筋が緩んでしまうこと、になります。

食べ物、飲み物によっては、この胃酸の分泌のし過ぎにつながってしまうもの、下部食道括約筋が緩みやすくなるもの・・・があります

そのため、逆流性食道炎を治してゆく上では、そういった食べ物、飲み物を避ける(もしくは、そういった食品をとりすぎないようにする)必要があります。

詳しくは、逆流性食道炎を治すために避けるべき食品、飲み物でご紹介しておりますので、よかったらそちらも参考になさってください。

2.食べ方を変える

先程、1)胃酸が分泌し過ぎてしまうこと、2)食道と胃をつなぐ弁のような役割を果たしている下部食道括約筋が緩んでしまうことが逆流性食道炎の原因になる・・・と書かせていただきました。

実は食べ方によっても、胃酸が分泌し過ぎてしまったり、下部食道括約筋が緩んでしまいやすくなります

食べ方については逆流性食道炎を治すための食べ方のたった2つのコツでより詳しくご紹介しておりますので、よかったらそちらを参考になさってください。

3.食べる時間を変える

食べる時間、特に夕食の時間というのも逆流性食道炎を治すためには大事なポイントになってきます

忙しい毎日だと、つい遅くまで仕事をして、家に帰ってササッと食べてすぐ寝る・・・なんてことを続けてしまいがちです・・(私がそうでした)

ところが、それが実は逆流性食道炎につながることがあります。

人が食事をすると食べたものは胃に入りますが、胃は食べたものを消化するために胃酸を分泌させます。

この胃酸の分泌が盛んになっている時にすぐ寝てしまうと・・・その沢山分泌された胃酸が横になることで物理的に食道へと逆流しやすくなってしまいます・・

ただ、通常は食道と胃のつなぎめに弁のようなものがあって(下部食道括約筋)、その弁が閉じているので通常は胃酸は逆流してこない仕組みになっています。

ところが、お腹いっぱい食べてしまったり、または早食いをして空気を一緒に飲みこんでしまったりすると、胃がふくれて一杯になります。

この時、胃の負担を減らすために、この弁が緩むことがあります。
すると・・・胃酸が食道へと逆流しやすくなります。特に横になっていれば尚更、物理的に逆流しやすくなります

そのため、食べてからすぐ寝る・・・というのは逆流性食道炎を治すためには絶対にやめるべき習慣だと思います。

私自身、食べてからすぐ寝る・・・という習慣を変えました。

私が逆流性食道炎を治すためにやったことでご紹介させていただいた逆流性食道炎改善マニュアルによると、食後、できれば2時間は起きていた方がいいようです。

4.食べた後の姿勢を変える

これも上記と同じことになりますが、食べてからすぐに横になってテレビを観たり・・・といったことは、同じような理由で胃酸が逆流しやすくなります。

私自身がまさにその習慣がありました。

食べた食後から横になってテレビを観る・・・というのが習慣でした。

このようなことを続けていると・・・私がそうでしたが、胃酸が逆流してきやすくなります。

酸っぱいものが口の中まで上がって来たり(呑酸)という症状は逆流性食道炎の代表的な症状ですが、食べてすぐ横になるという習慣はそういった症状へとつながってゆくことがあります。

5.普段の姿勢を変える

姿勢という意味ではもう一つ・・・逆流性食道炎の方には猫背の人が多いそうです。

実は私自身がそうでした。

猫背だと何が悪いかというと、猫背はどうしてもお腹に圧がかかりやすく、それもまた、胃に負担をかけて、胃酸が逆流しやすくなる原因になるため、です。

ですから、普段から姿勢に気を付けることも、胃酸の逆流を防ぐための大切なポイントになろうかと思います。

6.寝る時の姿勢を変える

寝る時に私が注意していたことが食べてから2時間はあけること・・・ということに加えてもう一つありました。

それが寝る時の姿勢です。

具体的には枕を少し高くして寝るようにしました。実はこれも逆流性食道炎を治すためのポイントとして、一般的によく言われている方法です。

枕を高くすることで物理的に胃酸を逆流し難くすることができます。

私の場合は枕の下に毛布をたたんで敷くようにして、できるだけ仰向けで毎晩寝るようにしました。

ほんのちょっとの工夫なのですが、特に症状が辛いような時にはこのようなことも自分が楽になるためには大切なことだと思います。

私が逆流性食道炎を治すためにやったこと
私はこの方法で逆流性食道炎を治しました。内容についてもご紹介していますので、よかったらご覧になってみてください。